わきが治療の方法は複数存在する

保険適用内で治療するなら皮膚科へ

「ミラドライ」を受けるのは難しいという場合、「超音波法」というわきが治療法を選択することもあります。
「ミラドライ」ではマイクロウェーブを使用していましたが、「超音波法」では超音波を使用して汗腺にアプローチをかけるのです。
この方法は脱毛などでも使用されている非常にポピュラーな方法ですから、安全性も高いものと言えます。
他の組織を傷めることなく汗腺にのみアプローチすることが可能となっており、施術時間が短いというのもメリットのひとつです。
術後はひりひりとした痛みや、赤みが発生することがあります。
もし肌に合わないことがあれば、速やかに医師に相談することが大切です。
こうした「ミラドライ」や「超音波法」は、保険適用外の治療となります。
出来れば保険適用内でわきが治療を受けたいと考える場合は、皮膚科を探し相談することが大切です。
保険適用での治療法として有名なのは、「皮弁法」となります。
わきの中心をシワに沿って切り開き、直接汗腺を取り去るという方法ですから、本格的な手術を受けることになるのを知っておきましょう。
ただし、過度に怖がる必要はありません。
手術の際には局所麻酔が施されるので、痛みを感じるケースはほとんど無いと言われています。
しかも直接汗腺を取り除くのですから、わきがの再発率が最も低い治療方法でもあるのです。

保険適用されるワキガ治療法は
限られています。


剪除法(せんじょほう) は、
数あるわきが・多汗症治療の中で、
健康保険の適用が認められている
唯一の治療法です。
#ワキガ保険適用治療

— 💖モテワキちゃん【ワキガの悩み一人で抱えないで】 (@AkkeInc) February 1, 2021

公認ドクター制がある治療方法 | 保険適用内で治療するなら皮膚科へ | 治療を受ける際の注意点